September 26, 2019 / 8:05 AM / 2 months ago

自由で公正な貿易環境の強化を歓迎=日米貿易協定で自工会会長

 9月26日、日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は、菅原一秀経済産業相との懇談会で、日米が貿易協定で合意したことについて「自動車分野における日米間の自由で公正な貿易環境が維持、強化されることを歓迎したい」と述べた。写真は2018年6月の新車発表イベントで撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 26日 ロイター] - 日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車(7203.T)社長)は26日、菅原一秀経済産業相との懇談会で、日米が貿易協定で合意したことについて「自動車分野における日米間の自由で公正な貿易環境が維持、強化されることを歓迎したい」と述べた。

また、通商問題、円高や消費増税の影響などに加え「産業構造自体の転換期を迎え、非常に多くのチャレンジを抱えている」とも指摘。政府に対し、自動車産業の競争力強化に向け「一層のご支援をお願いしたい」と話した。

懇談会後に開いた記者会見で豊田会長は、自動車への追加関税が回避されたことに関しては「日米両国のステークホルダー(利害関係者)にとってはたいへん良いことだ」とも語った。そのうえで、進出先の国で選ばれる「良き企業市民、その町いちばんの自動車会社を目指し、各社が競争しながら努力することは続けたい」とした。

白木真紀

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below