July 10, 2019 / 4:36 PM / 12 days ago

トヨタ、米アラバマ合弁工場で生産車種変更 カローラからSUVへ

[ワシントン 10日 ロイター] - トヨタ自動車(7203.T)は10日、米アラバマ州にあるマツダ(7261.T)との合弁組立工場で、新型スポーツ多目的車(SUV)を生産すると発表した。

当初は、主力セダン「カローラ」を生産する計画だった。トヨタは計画の変更について、「ライトトラックやSUVに対する消費者の需要拡大」が理由と説明した。

生産開始は2021年。

トヨタは先週、1─6月のカローラの米販売台数が5%減になったと発表。一方、SUV車の米販売は1%の減少にとどまった。

カローラの生産はミシシッピ州および日本国内の工場で継続するという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below