for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トルコ大統領、米国との関係改善に決意示す トランプ氏と電話会談

[イスタンブール 1日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領は1日、米国のトランプ大統領と電話会談を行い、シリア北部のイドリブとマンビジの状況について意見を交換し、2国間関係の強化に向けた決意を強調した。トルコ大統領府が明らかにした。

トルコ大統領府によると、トランプ氏との電話会談でエルドアン大統領は関係改善に向けた決意を強調。声明で「エルドアン大統領とトランプ大統領は2国間関係の一段の強化に向け建設的な措置をとる決意を強調した」とした。声明はシリアのイドリブ地域での状況についても言及している。

米ホワイトハウスのサンダース報道官はトランプ大統領とエルドアン大統領が電話会談を行ったことを確認。両首脳が特にシリア問題で協力していく意向について協議したことを明らかにした。

米軍とトルコ軍はこの日、マンビジ地域の合同パトロールを開始している。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up