October 25, 2017 / 2:44 AM / 3 months ago

自動車大手、NAFTAの重要性訴える業界連合結成

[ワシントン 24日 ロイター] - トヨタ自動車(7203.T)、米ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)など大手自動車メーカーは24日、北米自由貿易協定(NAFTA)の重要性を訴える業界連合「ドライビング・アメリカン・ジョブズ」を立ち上げた。

米国の自動車産業・雇用にとってNAFTAは重要であり、トランプ米大統領はNAFTA離脱を見送るべきだと主張している。

    同連合には、独フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)、現代自動車(005380.KS)、フォード・モーター(F.N)のほか、部品メーカーやディーラーも参加。ウェブサイトで「我々はNAFTAで勝利を収めている」と表明した。

    トランプ大統領は22日放映されたFOXビジネス・ネットワークとのインタビューで、NAFTAは「おそらく」見直されるだろうが、公正な見直しでなければ離脱するとの立場を示した。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below