April 9, 2018 / 4:47 PM / 10 days ago

NAFTA再交渉、80%の確率で5月初旬に原則合意=メキシコ経済相

[メキシコ市 9日 ロイター] - メキシコのグアハルド経済相は9日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉について、今週合意にこぎ着ける環境は整っていないとしつつも、80%の確率で5月初旬に原則合意に達する可能性があるとの見通しを示した。

同経済相はTVインタビューで、米国では11月に中間選挙を控えていることから、米議会がそれまでにNAFTA新合意の内容を精査する十分な時間を持てるよう、米交渉団は5月第1週までの合意を迫られていると指摘した。

同相は「あと数週間のところまで来ている」とし、「遅くとも5月第1週までに妥結できるかが明らかになるだろう。原則合意に達する確率は80%程度と、かなり高い」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below