May 8, 2018 / 1:57 AM / 13 days ago

NAFTA閣僚会合が再開、米・メキシコ選挙控え早期決着目指す

[ワシントン 7日 ロイター] - カナダ、メキシコ、米国が進める北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の閣僚会合が7日、ワシントンで再開した。7月のメキシコ大統領選挙や11月の米中間選挙を前に、早期決着への機運が高まりつつある。ただ、複数分野でまだ妥協点が見いだせていない。

 5月7日、カナダ、メキシコ、米国が進める北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の閣僚会合がワシントンで再開した。写真は3月にメキシコで行われた7度目のNAFTA再交渉時のメキシコのグアハルド経済相(中央)、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表(右)、カナダのフリーランド外務大臣(左)(2018年 ロイター/Edgard Garrido)

最大の焦点は自動車貿易。自動車の関税をゼロにするための域内の部材調達比率を定めた「原産地規則」について、米国は調達比率の引き上げを要求しているが、カナダとメキシコは強く反対している。

紛争解決メカニズムや、米国が提案する5年ごとに更新しなければ協定が自動的に廃止になる「サンセット条項」の導入でも対立が続いている。

メキシコのグアハルド経済相は、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表との会談後記者団に対して「今週いっぱい協議する」と語った。どの程度の期間ワシントンに滞在するかとの質問には「必要な限り滞在する」と答えた。

ライトハイザー氏は、まず大枠での早期合意を目指し、その後担当高官が詳細をまとめることを提案。一方、グアハルド氏は「完全な合意に向けできるだけ努力する」と述べ、部分的に成果が得られても意味がないと主張した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below