September 26, 2018 / 8:45 PM / 22 days ago

訂正-UPDATE 1-カナダ首相、NAFTA合意「急がず」 3カ国間協定不成立も

(最終段落のフリーランド「財務相」を「外相」に訂正します。)

[国連 26日 ロイター] - カナダのトルドー首相は26日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で合意を得ることを急いでいないと語り、米・加・メキシコ3カ国間による協定が成立しない可能性を示唆した。

トルドー首相は記者団に対し「カナダにとって適切な合意を得るまで、必要な限り時間をかける」と強調した。

トランプ政権は、メキシコ新政権誕生前のNAFTA再交渉妥結に向け、今月30日までに協定文書をまとめる必要があるとの見方を示しているが、トルドー首相はこうした早期合意に向けた圧力には屈さない構えだ。

カナダのマクノートン駐米大使は、2国間交渉ではなお大きな隔たりがあり、30日までに合意に漕ぎ着ける確率は五分五分との認識を示した。

トルドー首相は、トランプ政権が警告する自動車・自動車部品への関税措置に関する質問に対し、新たなNAFTA構築に向けて前進するのであれば、その道筋に対し自信を感じる必要があると応じた。

さらに、新たなNAFATAに署名するに当たっては、米政府が5月に発動したカナダの鉄鋼・アルミ製品に対する関税を撤廃する必要があると述べた。

将来のNAFTAの紛争解決メカニズムを巡る対立も解消していない。米国が撤廃を求める一方、カナダは維持することを主張している。

カナダがNAFTAの枠組みから外れた場合どうするかとの質問に対して、トルドー首相は「引き続き、多岐にわたる選択肢に取り組んでいく」としつつも、詳細には踏み込まなかった。

マクノートン大使によると、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表とカナダのフリーランド外相(訂正)は週内、ニューヨークで開催されている国連総会の合間に会合する見通し。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below