August 29, 2018 / 10:59 PM / 3 months ago

メキシコ、NAFTA妥結前に鉄鋼関税の適用除外要請を=業界団体

[メキシコ市 29日 ロイター] - メキシコの鉄鋼業界団体CANACEROは29日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で最終合意を結ぶ前にメキシコは米国に鉄鋼・アルミ関税の適用除外を要求すべきだとする声明を発表した。

トランプ米大統領は5月、米通商拡大法232条に基づき国家安全保障を理由に鉄鋼・アルミに対する輸入関税を発動し、メキシコとカナダは米国産の豚肉やバーボンなどを対象に報復関税を導入する対抗措置に出た。

CANACEROは「232条に基づく措置によって生じた問題を解決せずにNAFTA見直しを受け入れるとは理解しがたい」とし、解決するまでメキシコ政府は「条件を公平にするため」米国からの鉄鋼輸入に同等の措置を適用すべきだと主張した。

その上で「メキシコ政府が国内産業を保護し、3カ国協議を妥結する前に232条に基づく措置の適用除外を求めることが極めて重要だ」と訴えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below