for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米、NAFTA再交渉で柔軟姿勢 メキシコ大統領選踏まえ=WSJ

 1月11日、トランプ米大統領は、北米自由貿易協定(NAFTA)離脱の可能性を巡り、今年メキシコで大統領選が実施されることを踏まえて「若干柔軟」に対応する可能性を示した。米・メキシコ国境で2017年8月撮影(2018年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ米大統領は11日、北米自由貿易協定(NAFTA)離脱の可能性を巡り、今年メキシコで大統領選が実施されることを踏まえて「若干柔軟」に対応する可能性を示した。

トランプ氏は米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙とのインタビューで「選挙前に多くのことを交渉するのは難しいものだ」と語った。

さらに、メキシコは、米国との国境の壁の建設費を貿易協定の変更を通じて「間接的に」支払うことが可能だとの考えを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up