for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トランプ氏がNAFTA交渉で強硬姿勢、「カナダは必要なし」

[ワシントン 1日 ロイター] - トランプ米大統領は1日、北米自由貿易協定(NAFTA)にカナダをとどめる必要はないとツイッターに投稿した。また、議会は通商協議に干渉すべきでないと主張し、「そうでなければNAFTAは終わることになる」とけん制した。

「新しいNAFTAにカナダをとどめる政治的必要性はない。米国にとって公平な合意ができなければ、カナダは離脱することになるだろう」と述べた。

また「議会は交渉に干渉すべきでない。さもなければNAFTA全体を終わらせるだけだ。その方がいい」とツイートした。

米国とカナダは31日、NAFTA交渉の2国間協議で合意を持ち越した。その後大統領は議会に対し、メキシコと2国間の貿易協定を結ぶ意思を議会に通知した。

議会は31日、カナダ抜きの新協定の承認は難しいと警告。メキシコのみとの2国間協定の承認には、民主党の支持が必要になるとの見方を示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up