Reuters logo
トランプ氏3連勝、米共和候補指名争いで大きくリード
2016年2月24日 / 05:46 / 2年後

トランプ氏3連勝、米共和候補指名争いで大きくリード

[ワシントン 24日 ロイター] - 米大統領選に向けた共和党の候補指名争い第4戦となるネバダ州党員集会が23日開かれ、不動産王ドナルド・トランプ氏が圧勝。ニューハンプシャー州、サウスカロライナ州に続き3連勝となった。

 2月24日、米大統領選の共和党候補指名争い第4戦となるネバダ州党員集会が23日に開かれ、不動産王ドナルド・トランプ氏が圧勝。写真は勝利を決めたトランプ氏。23日撮影(2016年 ロイター/Jim Young)

集計中の段階で、マルコ・ルビオ上院議員が2位、テッド・クルーズ上院議員が3位となっている。

トランプ氏はラスベガスで「評論家の話を聞いていると、われわれは大勝する見込みがなかった。(しかし)われわれは今、勝って勝って勝ちまくっている」と勝利宣言した。

世論調査によると、来月1日の「スーパーチューズデー」をめぐっては、多くの州でトランプ氏の支持率が高くなっており、ルビオ氏やクルーズ氏らは早急な対策が求められている。

ルビオ氏は幼少期にネバダ州に住んでいたほか、積極的に同州で選挙活動を展開。キューバ系米国人として、同州で人口の多いラテン系住民からの支持も期待していた。その上、候補指名争いに参加していたジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事の撤退による恩恵もあっただけに、トランプ氏を破れなかったのは打撃だ。

クルーズ氏にとっても、アイオワ州で勝利してからは精彩を欠いており、3月1日に行われる地元テキサス州での予備選が運命を左右しそうだ。

トランプ氏はネバダ州の代議員30人の大部分を獲得する見込み。これにより、獲得代議員数は2月の終了を前に80人を超え、ルビオ氏やクルーズ氏を大きく引き離すことになる。

共和党の候補指名を確実にするには1200人超の代議員獲得が必要となっている。

*情報を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below