for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

運輸株が上昇、アフターコロナ銘柄に物色の流れシフト

東日本旅客鉄道、ANAホールディングスなど電鉄株、空運株など運輸セクターの株価上昇が目立っている。写真は、成田空港に駐機するANAの機材。2021年5月31日に撮影。(2021年 ロイター/ Jerry Lai-USA TODAY Sports)

[東京 3日 ロイター] - 東日本旅客鉄道、ANAホールディングスなど電鉄株、空運株など運輸セクターの株価上昇が目立っている。午前9時55分現在、東証33業種で陸運株、空運株が値上がり率上位の1、2位にランクイン。ワクチン接種拡大による経済正常化を織り込む動きという。

市場では「国内でのワクチン接種拡大によって、相場の流れがウィズコロナからアフターコロナへとシフト。人の移動に関連する電鉄、空運などに買いが向かっている」(野村証券・ストラテジストの澤田麻希氏)との声が聞かれた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up