September 11, 2019 / 2:44 AM / 8 days ago

米国債投資家、4月以来で最も弱気に=JPモルガン調査

[10日 ロイター] - JPモルガンの週間調査によると、投資家の米長期国債保有に対する姿勢が、この5カ月超で最も弱気に傾いたことが分かった。米中貿易摩擦や景気刺激策を巡る楽観的な見方を背景に、長期債の需要が減退した。

ベンチマークの米10年債利回りUS10YT=RRは、先週は3年ぶりの低水準に当たる1.429%を付けたが、10日には1.675%と1カ月ぶりの水準に上昇した。

調査によると、9日現在で、標準的なポートフォリオと比べて米長期国債の保有が少ない「ショート」の投資家の比率が、保有が多い「ロング」の投資家を4%ポイント上回った。ネットショートの割合は、1週間前の2%ポイントから拡大し、4月1日以来の大きさとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below