April 9, 2019 / 7:13 PM / 14 days ago

米国債に対する弱気姿勢が後退=JPモルガン調査

[ニューヨーク 9日 ロイター] - JPモルガンが9日公表した週間調査結果によると、米長期国債に対する投資家の弱気姿勢が後退した。前週発表された3月米雇用統計が好悪入り混じる結果となり、米経済鈍化に関する懸念がくすぶった。

調査によると、ベンチマークと比べて米国債の保有が少ない「ショート」の投資家と保有が多い「ロング」の投資家との差は2%ポイントのショート超と、前週の11%ポイントのショート超から低下した。

前週のショート超の水準は1月7日以来の高さだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below