May 15, 2018 / 10:53 PM / 10 days ago

中国の米国債保有拡大、日本は減少し6年半ぶり低水準=対米証券投資統計

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米財務省が発表した3月の対米証券投資統計によると、中国の米国債保有額は1兆1880億ドルと、2カ月連続で増加し、昨年10月以来の高水準となった。一方、日本の保有額は1兆0440億ドルに縮小し、2011年10月以来の低水準となった。

中国の米国債保有を巡っては、中国製品に追加関税を課す構えのトランプ米政権に対する報復措置として、圧縮に転じる可能性が指摘されていたが、3月に拡大したことでこういった懸念が後退するとみられる。

一方、日本の保有額の減少についてアナリストらは、ドルの対円相場JPY=が3月に16カ月ぶりの安値を付けたことから、ドル建て資産の投資妙味が薄れたと分析した。

日本の保有額は14年11月に記録したピークから1980億ドル減少した。

海外投資家による米財務省証券投資は49億2000万ドルの売り越しとなり、前月記録した431億9000万ドルの買い越しから売り越しに転じた。海外の民間投資家は230億5000万ドルの売り越しと、16年12月以来の大幅な売り越しとなった一方、中央銀行は183億9000万ドル買い越した。

海外投資家による米国株投資は241億5000万ドルの売り越しと、売り越し額は15年9月以来2年半ぶりの高水準だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below