for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: 2010年度借換債に98.4兆円、新発債38.5兆円で仮置き=国債費概算要求で財務省

 [東京 28日 ロイター] 財務省は、2010年度予算の同省所管の概算要求のうち、国債費の前提として借換債発行額98兆4292億円を計上するとともに、新規国債発行額を38兆5000億円で仮置きした。

 09年度の当初予算ベースにおける借換債発行予定額は90兆9914億円、新規国債発行額は33兆2940億円(補正後は44兆1130億円)。

 新規国債発行額は、今年2月に公表した「2009年度予算の後年度歳出・歳入への影響試算」における2010年度発行額36兆3000億円に、08年度決算における税収減の約2兆2000億円分を加えて仮置いた。今後の予算編成における歳出・歳入の状況によって最終的に確定する。

 国債費のうち国債の利払い費を算出するための想定長期金利(10年債)は、概算要求段階で2.5%とした。09年度概算要求段階では2.7%だった。

 この結果、国債費概算要求における公債利子等は、09年度当初予算額の8兆8231億円に比べて1兆5224億円増の10兆3455億円。国債費全体では、同1兆6720億円増の21兆9158億円となった。

(ロイターニュース 伊藤 純夫)

(sumio.ito@thomsonreuters.com; 03‐6441‐1832; ロイターメッセージング:sumio.ito.reuters.com@reuters.net)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up