for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米著名投資家のヘッジファンド、ユニリーバ株保有積み増し=関係筋

1月23日、 米著名投資家のネルソン・ペルツ氏(写真)が率いるヘッジファンド、トライアン・パートナーズは食品・日用品大手ユニリーバ株の保有を積み増し、同社への圧力を強めている。米カリフォルニア州ラグナビーチで2016年10月撮影(2022年 ロイター/Mike Blake)

[23日 ロイター] - 米著名投資家のネルソン・ペルツ氏が率いるヘッジファンド、トライアン・パートナーズは食品・日用品大手ユニリーバ株の保有を積み増し、同社への圧力を強めている。事情に詳しい関係者が23日、ロイターに明らかにした。

トライアンとユニリーバはコメントを控えた。

トライアンのユニリーバ株保有積み増しについては英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が先に報じていた。同紙は株保有の規模や、保有をいつ開始したかなどの詳細は明らかになっていないとしていた。

トライアン・パートナーズは投資先に事業の見直しを求めるアクティビスト(物言う株主)として知られる。2018年に米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)に一連の事業改革を求め、委任状争奪戦の末に同社がペルツ氏を取締役として受け入れた経緯がある。ペルツ氏は昨年、取締役を退任している。

ユニリーバは今月、英製薬グラクソ・スミスクライン(GSK)の一般医薬品(大衆薬)部門に対する買収計画を事実上断念しており、事業戦略に投資家の注目が集まっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up