November 28, 2019 / 9:58 PM / 17 days ago

米大統領、アフガン電撃訪問 タリバン協議で停戦合意に意欲

[バグラム空軍基地(アフガニスタン) 28日 ロイター] - トランプ米大統領は28日、予告なしでアフガニスタンを訪問した。訪問は就任以来初めて。アフガンのガニ大統領と会談したほか、反政府武装勢力タリバンを巡る停戦に向けた意欲を示した。

 28日、トランプ米大統領は、予告なしでアフガニスタンを訪問した。写真は会談するトランプ大統領とアフガンのガニ大統領(2019年 ロイター/Tom Brenner)

トランプ大統領はロバート・オブライエン大統領補佐官を含む少数の高官を伴いアフガンを訪問。米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長が出迎えた。

トランプ氏は大統領専用機でバグラム空軍基地に到着後、記者団に対し「タリバンはディール(取引)をしたがっている。われわれはタリバンと協議を行う」とし、「われわれは停戦が必要だと言ったが、タリバンは拒否した。今はタリバンが停戦を望んでいると考えている。そのような展開になるだろう」と述べた。

トランプ氏は大統領就任前からアフガンからの米軍撤退を訴えてきたが、9月にタリバン指導部との会談を急きょ中止し、和平協議は中断されていた。[nL3N2603YK]

タリバン指導部はロイターに対し、前週末以降、ドーハで米政府当局者と協議を行っていることを明らかにし、和平協議が近く再開される見通しを示していた。

タリバンは今月に入り、3年以上にわたり身柄を拘束していた米国人とオーストラリア人の人質を解放。和平に向けた期待が高まった。

ガニ大統領はトランプ氏との会談後、停戦の重要性を強調。「タリバンは和平合意締結に誠実に取り組むのであれば、停戦を受け入れる必要がある」とツイッターに投稿した。

アフガニスタンには現在、約1万3000人の米兵が駐留している。

トランプ大統領は駐留米兵の数は「大きく」減少すると述べたが、具体的な規模については明らかにしなかった。その上で「ディールが得られるか、われわれが完全な勝利を収めるかするまで駐留する。タリバンはひどくディールをしたがっている」と述べた。

トランプ大統領は、米国の感謝祭に合わせた電撃訪問で駐留米兵を激励。駐留米兵と感謝祭の夕食をともにした。

*内容を追加します

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below