March 7, 2018 / 4:27 PM / 8 months ago

トランプ氏が中国に攻勢、鉄鋼・アルミ関税週内発表へ

[ワシントン/ルクセンブルク 7日 ロイター] - トランプ米大統領が中国に対し、貿易を巡って攻勢を強めている。鉄鋼とアルミニウム輸入関税措置を、週内に承認するもようだ。

一部報道によると、トランプ氏は関税方針を前に進めるため、8日に大統領告示に署名する方向を模索中という。

国家経済会議(NEC)のコーン委員長辞任で、国家通商会議(NTC)のピーター・ナバロ委員長や、ロス商務長官ら貿易強硬派の影響力が拡大する可能性が出てきた。

ホワイトハウスのサンダース報道官は7日、トランプ氏は計画通りに週内に鉄鋼とアルミニウムに対する輸入関税措置を発表することを明らかにした。

また、コーン氏の後任について、トランプ氏は数多くの候補のなかから選ぶことができるとの認識を示した。

ただブルームバーグはこの日、ホワイトハウスのナバロ通商製造業政策局長が、自身はコーン氏の後任候補には挙がっていないと述べたと報じている。

トランプ氏はツイッター投稿で、中国が対米貿易黒字の削減に向け計画を立案するよう要請を受けたことを明らかにした。ただ誰がどのように中国に要請したかなど、詳細には触れなかった。

トランプ氏はトーンダウンさせる気配を見せなかった。米国は5万5000カ所強の工場や、600万人の製造業雇用を失い、貿易赤字の急拡大を許してきたとし、「悪い政策とリーダーシップだ」と批判した。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below