Reuters logo
NFL=トランプ氏、選手の膝つき再び批判 対立収まらず
2017年9月26日 / 01:31 / 3ヶ月前

NFL=トランプ氏、選手の膝つき再び批判 対立収まらず

[ボストン 25日 ロイター] - トランプ米大統領は25日、ナショナル・フットボールリーグ(NFL)の選手らが試合前の国歌斉唱時に膝をつき、抗議の姿勢を示したことをあらためて批判。その行為は人種問題とは関係ないと主張した。

24日の試合では複数の選手やコーチ、さらにオーナーが無言の抗議に参加。トランプ氏は22日の演説で、国歌斉唱時に起立しない選手を解雇するよう、オーナーに求めていた。

選手らの行動について、トランプ氏は「膝をつく行為は人種問題とは無関係だ。NFLはわが国、国旗、国歌に敬意を示すべき」とツイッターで反論した。

これに対し、米プロバスケットボール協会(NBA)スパーズのグレグ・ポポビッチ監督が「大統領がこのようなことを言う国に住んでいるとは思わなかった」と発言。米オリンピック委員会(USOC)のスコット・ブラックマン最高経営責任者(CEO)も、NFL選手の抗議活動を支持する考えを示した。

その一方で、スティーラーズに所属する元軍人のアレハンドロ・ビラヌエバは抗議活動に参加せず、国歌斉唱時にはスタジアムの入り口で起立。チームメートのベン・ロスリスバーガーも「国歌斉唱時にいかなる抗議も行うべきではない」と述べている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below