August 30, 2018 / 7:46 PM / 3 months ago

米大統領、2000億ドルの対中関税を発動意向=報道

 8月30日、トランプ米大統領は、2000億ドル規模の中国製品に対する追加関税を発動させる意向だ。写真はホワイトハウスで29日撮影(2018年 ロイター/Leah Millis)

[ワシントン 30日 ロイター] - トランプ米大統領は来週のパブリックコメント期間終了後、2000億ドル規模の中国製品に対する追加関税を発動させる意向だ。ブルームバーグ・ニュースが30日、トランプ氏が側近に伝えたと報道した。

ホワイトハウスはこの報道に関するコメントを控えた。

ブルームバーグは、匿名の関係筋6人の話として伝えた。これを受け、S&P総合500種が取引時間中の安値を付けたほか、米国債利回りは低下した。

外国為替市場では中国人民元が対ドルで約1週間ぶりの安値を付けたほか、豪ドルも対米ドルで約1週間ぶりの安値に下落するなどの動きが出た。ドルも対円で下落した。

ただ、トランプ氏はまだ最終的な決定をしていないという。

新たな関税案で、住宅建材やテクノロジー製品、自転車、衣服など消費者向け商品に影響が及ぶという。

報道によると、パブリックコメント期間は9月6日に終了する見込みで、期限終了後にトランプ氏が関税発動を予定しているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below