December 25, 2017 / 1:52 AM / 7 months ago

クリスマスに欲しいのは「平和」、トランプ大統領が明かす

[パームビーチ(米フロリダ州) 24日 ロイター] - クリスマスイブの24日、トランプ米大統領はサンタクロースの居場所を尋ねるため北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)にかかってきた子供達からの電話をとり、クリスマスの贈り物は何が欲しいか質問したり、自分の欲しいものは「平和」だと明かしたりした。

 12月24日、トランプ米大統領(写真中央)はサンタクロースの居場所を尋ねるため北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)にかかってきた子供達からの電話をとり、クリスマスの贈り物は何が欲しいか質問したり、自分の欲しいものは「平和」だと明かしたりした。左はメラニア夫人、フロリダ州パームビーチで撮影(2017年 ロイター/Carlos Barria)

大統領は、休暇を過ごすため滞在中のフロリダ州パームビーチの別荘「マールアラーゴ」の豪華な一室で、メラニア夫人と並んで座り、それぞれが電話をとり、子供達やその親たちと語らった。

トランプ大統領はライアン君という子供との電話では、「私たちは繁栄を手にした。次に欲しいのは平和だ」などと話した。

NORADは1955年以降、毎年クリスマスの時期に、子どもたちにプレゼントを届けるサンタクロースとトナカイが地球のどこを移動しているのかを追跡している。ウェブサイト( www.noradsanta.org/)ではリアルタイムで確認できる。

玩具の組み立てブロックが欲しいと話したカスパー君に大統領は「私もいつもそれが大好きだった。サンタは全部使いきれないくらい沢山くれると思うよ」と答えた。

おばあちゃんが早く病院から退院できるよう願っていると話したライアン君には「素晴らしい。玩具とかよりもいいね」と応じた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below