Reuters logo
トランプ氏、有力議員との対立は税制改革に悪影響ないと指摘
2017年10月11日 / 01:56 / 12日前

トランプ氏、有力議員との対立は税制改革に悪影響ないと指摘

[ワシントン 10日 ロイター] - トランプ米大統領は10日、ソーシャルメディアを通じたボブ・コーカー上院議員(共和党)との対立について、税制改革を推進するうえで悪影響はないとの見方を示した。

 10月10日、トランプ米大統領は、ソーシャルメディアを通じたボブ・コーカー上院議員(共和党)との対立について、税制改革を推進するうえで悪影響はないとの見方を示した。写真はホワイトハウスで撮影(2017年 ロイター/Kevin Lamarque)

トランプ氏はまた、税制改革案を今後数週間で「調整」する考えも表明したが、詳細には言及しなかった。これについてサンダース大統領報道官は「現時点で調整は必要ではない」と述べた。

トランプ大統領と上院外交委員会の委員長を務める有力議員のコーカー氏はここ数日間にツイッターなどで相互に批判を展開。これが税制改革の取り組みに悪影響を及ぼすか問われ、トランプ氏は記者団に「そうは思わない」と答えた。

コーカー氏は税制改革について、財政赤字の拡大につながる場合は支持しないと表明している。

共和党は上院で過半数の議席を持っているが、民主党と議席差はわずか。民主党は反対で団結しており、共和党は法案通過のために造反者を2人に抑える必要がある。

コーカー氏は前週末、トランプ政権のホワイトハウスは大人のデイケアセンターだとつぶやき、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)とのインタビューではトランプ大統領は米国を「第3次世界大戦への道」に向かわせる危険を冒していると警告した。

これに対しトランプ氏は10日朝にツイッターで、コーカー氏はNYTのインタビューで「ばかみたいに聞こえる」ような扱われ方をされたと主張。身長が170センチとされるコーカー氏の背の低さをばかにするような投稿も行った。

トランプ氏はまた、税制改革について「人々は減税、大幅な減税、税制改革を求めており、われわれはそれに取り組んでいる」と強調。「今後数週間でさらに良くするために多少の調整を行う。非常に評判が良いことは確かだ」とした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below