January 25, 2019 / 2:15 AM / a month ago

ドイツ銀、トランプ氏との関係巡り米下院委員会から質問受ける

 1月24日、ドイツ銀行は、米下院の金融委員会と情報委員会から、同行とトランプ米大統領との関係について問い合わせを受けたと明らかにした。写真はフランクフルトで2016年9月撮影(2019年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[フランクフルト 24日 ロイター] - ドイツ銀行(DBKGn.DE)は24日、米下院の金融委員会と情報委員会から、同行とトランプ米大統領との関係について問い合わせを受けたと明らかにした。

同行は「両委員会が監視機能を果たす上で、当行がどのような手助けをするのが最善で最適なのかを判断するため、両委員会と生産的な対話を進めている」と表明した。

シフ情報委員長とウォーターズ金融委員長は共同声明で、ドイツ銀と協議を行っており、引き続き調査で協力を得られると期待していると表明した。

ホワイトハウスはコメントの求めに応じていない。

昨年11月の中間選挙で下院多数派を奪還した民主党は、トランプ政権の最初の2年間と、ホテルやゴルフ場を含むトランプ氏の事業に絡む利益相反の可能性を調査すると約束してきた。

2018年の開示資料では、トランプ氏がドイツ銀の子会社ドイツ銀行トラストカンパニー・アメリカズに少なくとも1億3000万ドルの債務があることが明らかになっている。これには首都ワシントンで旧郵便局を改築して建設した「トランプ・インターナショナル・ホテル」のための借り入れが含まれている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below