April 2, 2019 / 11:23 PM / in 23 days

トランプ米大統領、FRB議長に電話で不快感伝える=WSJ

4月2日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、トランプ米大統領はパウエル連邦準備理事会議長(写真)に最近電話した際に「君とは離れたくても離れられないようだ」と述べて不快感を示した。ワシントンで3月、FOMC後の記者会見で撮影(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

[2日 ロイター] - 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、トランプ米大統領はパウエル連邦準備理事会(FRB)議長に最近電話した際に「君とは離れたくても離れられないようだ」と述べて不快感を示した。

トランプ政権は繰り返しFRBの昨年の利上げを批判しており、大統領は前週末、FRBが利上げで米国経済と株式市場に打撃を与えたと非難している。

2日付のWSJによると、トランプ大統領はこの1週間で開いた複数の非公開の会合でパウエル議長を批判し、議長と最近電話で話したことにも触れたという。

FRBの広報担当は議長が3月8日に大統領と「短い電話協議」を行ったと明らかにしたが、それ以上のコメントは差し控えた。

両者は2月にホワイトハウスで夕食をともにしている。当時のFRBの声明によると、夕食を交えた会談は1時間半にわたって行われ、経済に関するさまざまなテーマについて意見を交換したが、将来の金融政策決定の見通しには踏み込まなかった。

ホワイトハウスは今回の電話協議についてはコメントしていない。トランプ大統領のパウエル議長に対する不満について詳しい当局者は、WSJに報じられたような発言を大統領が行ったとしても驚くべきことではないと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below