for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トランプ氏、グーグルに圧力 「中国事業に問題ないこと望む」

[ワシントン 26日 ロイター] - トランプ米大統領は26日、アルファベットGOOGL.O傘下のグーグルの中国事業に何らかの問題がある場合、政府はこれに関する情報を入手するとツイッターに投稿し、グーグルに対する圧力を強めた。

トランプ氏は「グーグルの中国との関係について、国家安全保障上の問題がある可能性もあるし、ない可能性もある。問題がある場合、政府の知るところとなる。問題がないことを心から願っている!」と投稿した。ただグーグルの中国事業に問題があるとする根拠は示さなかった。

この件に関してグーグルからコメントは得られていない。

グーグルの中国事業に関しては、ムニューシン財務長官が24日、トランプ大統領と自身がグーグルの最高経営責任者(CEO)と直接話し合い、グーグルは中国政府と懸念されるような関係は持っておらず、グーグルの中国事業は「極めて限定された」ものであると確信を得たと述べている。

トランプ大統領はこれまでもグーグルを含む大手IT(情報技術)企業が自身に対し差別的であるなどとして批判を繰り返してきた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up