September 25, 2018 / 1:16 PM / a month ago

トランプ氏「イラン大統領と会談予定せず」、イランは要請否定

[ニューヨーク/国連 25日 ロイター] - トランプ米大統領は25日、イランが態度を変えるまで同国との会合は行わないとの考えを示した。ただ将来的なイランとの関係改善には期待を示した。

トランプ大統領は国連総会での演説前に「イランが態度を変えるまで会合は行わない。ただイランにはそれ以外の選択肢はないため、態度を変えるだろう。イランとの関係改善を期待している。ただ現時点では現実のものとならない」と述べた。

トランプ大統領はこれに先立ち、ツイッターへの投稿でイランのロウハニ大統領と会談する予定はないことを明らかにしていた。

トランプ大統領は「要請があったものの、イランのロウハニ大統領に会う予定はない。将来的には会う可能性はある。ロウハニ氏は素晴らしい人物だと確信している」とツイートした。

これについてイラン国連代表団のAlireza Miryousefi報道官はロイターに対し、「イランは(トランプ米大統領に)会談は要請していない」と述べていた。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below