July 30, 2018 / 7:40 PM / 4 months ago

米大統領、イラン指導部と会談する意思表明 前提条件付けず

 7月30日、トランプ米大統領はイランとの関係改善に向け、同国の指導部と前提条件を付けずに会談する意思があると述べた(2018年 ロイター/Brian Snyder)

[ワシントン 30日 ロイター] - トランプ米大統領は30日、イランとの関係改善に向け、同国の指導部と前提条件を付けずに会談する意思があると述べた。

トランプ大統領はホワイトハウスでの記者会見で、イランのロウハニ大統領と会談する意思はあるかとの質問に対し、「誰とでも会談する」とし、特に戦争のリスクがあるケースでは「会談(の効果)を信じている」と述べた。

その上で「イラン側に会う意思がある場合、当然会談を行う」とし、これには前提条件はないと述べた。ただ「イラン側にその用意があるかは分からない」とした。

米国が離脱を表明したイラン核合意については「ばかばかしい合意だった」とし、「イラン側は結局は(米国と)会談を望み、先方がそう望むならいつでも会う用意がある」と述べた。

そのうえで「これまでの合意は紙の無駄に過ぎなかったが、何か意味のあることに取り組める場合、当然、会談を行う意思がある」とし、そうなれば米国とイランだけでなく、全世界が恩恵を受けるとの考えを示した。

*内容と写真を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below