January 6, 2020 / 1:45 AM / 7 months ago

イランが報復すれば「大規模な報復に出る」=トランプ米大統領

[大統領専用機 5日 ロイター] - トランプ米大統領は5日、米軍によるイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害に対してイランが報復すれば「大規模な報復に出る」と警告した。

トランプ氏は大統領専用機内で同行記者団に対し、イランはこれまでに米国人を殺害しているとして、イランの文化遺産を標的にする用意があると述べるとともに、米政権がソレイマニ司令官殺害に関連する情報の公開を「議論するかもしれない」と語った。

トランプ氏はソレイマニ司令官が米国人に対する攻撃を計画していたと発言。同司令官の殺害を指示する根拠となった情報を公開することを検討すると述べた。

イランが報復する可能性について質問された大統領は「(報復が)起きれば(報復が)起きる。(イランが)何かすれば、大規模な報復がある」と述べた。

大統領は司令官殺害について、イランとの戦争を避けることが目的だったとし、一段の緊張拡大をけん制しているが、イランが米国人や米国の施設を攻撃した場合、イランの施設52カ所を攻撃するとツイッターに投稿。「(標的の一部は)イランやイランの文化にとって非常にハイレベルで重要なものだ」と述べている。

ポンペオ米国務長官は5日、トランプ大統領がイランの文化遺産を標的にするとは述べていないと主張したが、大統領は「(イランが)道路沿いに爆弾を仕掛けて我々の国民を爆破することが許されて、我々が文化遺産に手を出すことは許されないというのはおかしい」とコメントした。

文化遺産を軍事行動の標的にするのは国際法で戦争犯罪と考えられている。

トランプ大統領は、イラクの議会が駐留する米軍やその他の外国部隊の撤退を求める決議を可決したことを受け、非友好的なやり方で撤退を要求される事態になればイラクに制裁を発動するとも警告した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below