June 5, 2019 / 6:47 AM / 21 days ago

対イランで軍事行動の機会はいつでもあるが、協議望む=トランプ氏

 6月5日、トランプ米大統領は、米国がイランに対する軍事行動を起こす機会はいつでもあるが、同国のロウハニ大統領との協議を望むと述べた。写真はワシントンで5月撮影(2019年 ロイター/Leah Millis)

[ロンドン 5日 ロイター] - トランプ米大統領は、米国がイランに対する軍事行動を起こす機会はいつでもあるが、同国のロウハニ大統領との協議を望むと述べた。

トランプ氏は英テレビ局ITVに「私が就任した時、極めて敵対的な場所だったのがイランだ」とし「当時は世界1位のテロ国家だった。おそらく今でもそうだろう」と発言。

軍事行動が必要だと思うかとの質問には「機会はいつでもある。私は(軍事行動を)望むだろうか。いや、望まない。だが、機会はいつでもある」と述べた。

ロウハニ大統領と協議する用意があるかとの質問には「もちろんだ。ぜひ協議したい」と答えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below