June 6, 2019 / 6:30 PM / 2 months ago

イラン、米制裁受け「国として破綻」 対話で改善も=米大統領

[カーン(フランス) 6日 ロイター] - トランプ米大統領は6日、イランについて、米国が発動した強力な制裁措置により国として破綻しつつあるとの考えを示した。ただ、対話を通してこうした状況を迅速に改善できるとも述べた。

トランプ氏は訪問先のフランス西部カーンでマクロン大統領との会談を前に記者団に対し、「私が大統領に就任した時はイランは脅威だった。現在も疑いなく脅威だが、国として破綻しつつある」と指摘。「イランが国として破綻することは望んでいない。われわれはこうした状況を極めて迅速に改善させることができる。制裁措置はこれまでのところ極めて強力だった」と語った。

その上で、「イランが対話を望んでいることは理解している。対話を行いたい。ただイランの核兵器保有は容認できない」と述べた。

マクロン大統領は「イランに関して目標を共有していると考えている」とし、「イランの核兵器保有は阻止したい。2025年までの合意はあったため、長期的な完全な確証を得たい」とし、「新たに交渉を開始したい」と述べた。

トランプ大統領は先週、イランは「指導者らを変えずとも素晴らしい国になるチャンスがある。体制の変更ではなく核兵器の廃棄を求めている」と発言。これを受け、イラン最高指導者のハメネイ師は4日、イランはトランプ米大統領の交渉提案に「だまされない」とした上で、ミサイル開発を放棄しないと強調した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below