for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米大統領がアイルランド訪問、英EU離脱「上手くいくと確信」

[ドンベッグ(アイルランド) 5日 ロイター] - トランプ米大統領は5日、大統領就任後初めて訪問したアイルランドで、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)について、英国と国境を接するアイルランドにとって良い結果になるとの楽観的な見通しを示した。

トランプ氏はバラッカー首相と会談。英領北アイルランドと地続きのアイルランドはEU加盟国のなかでブレグジットの影響を最も受ける立場にあり、アイルランド島の国境管理が大きな争点となっている。

トランプ氏はバラッカー首相との会談前に記者団に「現在(国境)は良好な管理状況にある。それを維持する必要があり、ブレグジットで大きな論点になっているのは承知している。きっと上手くいくと確信している」と述べた。

トランプ氏は会談で、アイルランドの「壁と国境」の問題は米国の国境を巡る状況に類似しているとの見方を示した。これに対し、バラッカー氏は最も回避すべきなのは北アイルランドとの間の国境と壁だと強調した。

バラッカー氏は会談後、ハードボーダー(物理的な国境)の復活は許容できないというアイルランドの立場をトランプ氏は理解したと語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up