May 15, 2019 / 12:46 AM / 2 months ago

トランプ氏長男、非公開の証言に合意 上院情報委の要請で=関係筋

[ワシントン 14日 ロイター] - トランプ米大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏は上院情報委員会の要請に応じて、6月半ばに非公開で証言することに合意した。事情に詳しい議会筋が14日、明らかにした。

関係筋によると、多岐にわたる質問が想定されており、モスクワのトランプタワー建設計画や、2016年6月にニューヨークのトランプタワーでジュニア氏、米大統領選でトランプ陣営の選挙対策本部長だったポール・マナフォート氏、トランプ氏の娘婿クシュナー氏がロシア人弁護士と面会した問題などが取り上げられる可能性がある。

ジュニア氏が証言に応じることで合意したことは、米紙ニューヨーク・タイムズが最初に報じていた。

関係筋は、ジュニア氏に対する質問が同氏とロシア当局者らとのやり取りに関する5─6項目に限定されるとの報道に疑問を呈している。

上院情報委の広報担当者はコメントを差し控えた。ジュニア氏の弁護士もコメントの求めに応じていない。

関係筋は前週、同委がジュニア氏に召喚状を送り、ロシアの米大統領選干渉疑惑に関する質問に回答するよう要請したことを明らかにしていた。

委員会のメンバーらは、ジュニア氏が2017年9月に上院司法委員会で行った証言に関する質問を予定している。トランプ大統領の顧問弁護士だったマイケル・コーエン受刑者はジュニア氏の証言内容とは異なる認識を示している。コーエン受刑者は偽証罪などで実刑判決を受け、今月、服役を開始した。

共和党が多数派を占める上院では、情報委だけがロシア疑惑に関する超党派の調査を行っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below