December 3, 2018 / 3:43 PM / 13 days ago

中国、1.2兆ドル規模の輸入拡大を提案=米財務長官

 12月3日、ムニューシン米財務長官は中国が1兆2000億ドルを超える輸入拡大の意向を示したと明らかにした。1日の米中首脳会談で撮影(2018年 ロイター/KEVIN LAMARQUE)

[ワシントン 3日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は3日、中国が1兆2000億ドルを超える輸入拡大の意向を示したと明らかにした。週末の米中首脳会談で合意した内容に含まれており、中国側は直ちに取り組む考えだという。

トランプ大統領と中国の習近平国家主席はブエノスアイレスで1日に行った首脳会談で、新たな関税を一時的に見送り、貿易戦争を悪化させないことで合意。米国は対中関税の引き上げを90日間猶予することで合意した。

ムニューシン長官はCNBCに対し、「中国が(輸入に関する)追加のコミットメントとして1兆2000億ドル超の提案を示した。詳細はなお交渉する必要がある」と述べた。

ムニューシン長官はこれについて、習主席は中国市場の米企業への開放に向け明確にコミットメントを示したとし、交渉のトーンに明らかな変化が見られたと指摘。「実質的な合意になるとのコミットメントが示されたのは初めてのことだ」とし、ディール(取引)が文書化できるか米国側は「極めて迅速に」知ることになるとの見方を示した。

ただ「先送りされるような脆弱なコミットメント」ではなく「向こう90日間で具体的な進展が示される必要がある」とも述べた。

ホワイトハウス当局者はこの日、トランプ米大統領が新たに始まる中国との通商交渉の責任者として、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表を任命したと明かした。

対中交渉はこれまでムニューシン財務長官が主導的な役割を果たしてきたが、今回の任命は強硬路線への転換を示す可能性がある。

ライトハイザー氏はカナダとメキシコとの新たな貿易協定で合意をまとめたばかり。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below