March 8, 2019 / 1:50 AM / 11 days ago

米連邦地裁、トランプ氏の選対本部長に禁錮3年11月の判決

 3月7日、米バージニア州の連邦地裁は、米大統領選でトランプ陣営の選挙対策本部長を務めたポール・マナフォート被告(69)に禁錮47月(3年11月)と罰金5万ドルの判決を言い渡した。写真は判決後に質問に答えるケビン・ダウニング被告側弁護士(右)。ヴァージニア州アレクサンドリアで撮影(2019年 ロイター/Jim Young)

[アレクサンドリア(米バージニア州) 7日 ロイター] - 米バージニア州の連邦地裁は7日、米大統領選でトランプ陣営の選挙対策本部長を務めたポール・マナフォート被告(69)に禁錮47月(3年11月)と罰金5万ドルの判決を言い渡した。

マナフォート被告はT.S.エリス判事が公正な裁判を行ったとして感謝の意を示したが、自身の行動についての反省の意は示さなかった。

地裁の陪審は昨年8月、起訴された18の罪のうち8つの罪について有罪の評決を下していた。有罪となったのは脱税に関する5つの罪のほか、海外の銀行口座について報告しなかった罪、また銀行に対する2つの詐欺罪。

検察側は、19年6カ月―24年の禁錮刑を求める連邦量刑ガイドラインに言及していた。しかしエリス判事は、このガイドラインは過剰で、他の事例との間に「不当な差」を生じさせると指摘した。

同判事は被告に対し「不正を行ったことに対し後悔の念を示さないのは驚きだ」と述べた。

禁錮刑の期間は被告の弁護側が求めていた4年3カ月─5年3カ月も大幅に下回った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below