May 9, 2019 / 5:29 PM / 17 days ago

北朝鮮の飛翔体発射「極めて深刻」、交渉準備整わず=米大統領

 5月9日、トランプ米大統領は、北朝鮮が短距離ミサイルとみられる飛翔体2発を発射したことについて、米国は極めて深刻に受け止めていると述べた。フロリダ州パナマシティーで8日撮影(2019年 ロイター/KEVIN LAMARQUE)

[ワシントン 9日 ロイター] - トランプ米大統領は9日、北朝鮮が短距離ミサイルとみられる飛翔体2発を発射したことについて、米国は極めて深刻に受け止めていると述べ、北朝鮮は米国との交渉を望んでいるものの、交渉に向けた準備はまだ整っていないとの見方を示した。

韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が9日に短距離ミサイルとみられる飛翔体2発を発射したと発表。北朝鮮は4日に金正恩委員長立ち会いの下、複数のロケット砲と少なくとも1発の短距離ミサイルを東海岸から海に向けて発射しており、これに続く発射となった。

トランプ大統領はホワイトハウスで記者団に対し「米国は極めて深刻に受け止めている」とし、検証を進めていることを明らかにした。

その上で「(北朝鮮との)関係は継続する。北朝鮮が(米国と)交渉を望んでいるのは承知しているが、北朝鮮側の準備はまだ整っていない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below