August 2, 2019 / 3:56 PM / 23 days ago

北朝鮮ミサイル発射、米朝首脳会談での合意に違反せず=トランプ大統領

[ワシントン 2日 ロイター] - トランプ大統領は2日、北朝鮮によるミサイル発射は国連安全保障理事会の決議に違反している可能性があるが、自身が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長とシンガポールと会談した際に交わした合意には違反していないとの見解を示した。

北朝鮮はこの日、1週間余りで3度目となるミサイル発射を実施。軍事能力を向上すると同時に、米韓が近く予定する合同軍事演習の中止に応じるよう揺さぶりをかける狙いがあるとみられる。[nL4N24Y1QX]

トランプ大統領はツイッターへの一連の投稿で「これらミサイルの試験は、シンガポールでの会談で署名した合意や短距離弾道ミサイルの議論には違反していない」と言明した。

その上で「国連安保理の決議には違反しているかもしれないが、金委員長は信頼を損なうことで私をがっかりさせようとは思っていない」とし、北朝鮮が限りない可能性を秘めていると同時に「失うものも極めて多い」と述べた。

さらに「私が間違っているかもしれないが、金氏は自国に対し壮大で美しいビジョンを持っており、私を大統領とする米国のみがそのビジョンを実現することが可能と確信している。金氏は正しいことを行うはずだ。彼は賢く、友人である私を失望させたくないからだ!」とし、自身と金氏との親密な関係を強調した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below