Reuters logo
コラム:トランプ氏、守勢一方の予算折衝で交渉力に疑問符
2017年5月4日 / 01:33 / 7ヶ月後

コラム:トランプ氏、守勢一方の予算折衝で交渉力に疑問符

[ワシントン 1日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トランプ米大統領は、本来ならアピールしたいはずの政治交渉能力を自ら損なっている。このほど議会の与野党が合意した9月末までの予算案を見ると、トランプ氏が国境の壁建設や環境問題、医療保険制度改革法(オバマケア)対応などで示してきた強気姿勢はすべてはったりに終わる結果になってしまった。

 1日、米議会の与野党が合意した9月末までの予算案を見ると、トランプ氏が国境の壁建設や環境問題、医療保険制度改革法(オバマケア)対応などで示してきた強気姿勢はすべてはったりに終わる結果になってしまった。写真はホワイトハウスで3月撮影(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)

トランプ氏は再三にわたり、国民はこれから同氏が政治交渉で勝利する姿をうんざりするほど目にすると強調してきた。そして予算案を巡っても、野党・民主党に対して「不法な移民を国境から流入させる」のを望んでいるなどとツイッターで攻撃。また米国がプエルトリコを救済しなかったり、オバマケアを扱う保険会社に補助金が提供されないぐらいなら、政府を閉鎖してやれと民主党は考えている、とも批判した。

しかし結局、4月30日にまとまった予算案には、トランプ氏の提案はほとんど盛り込まれていない。トランプ政権は既に、低所得層向けのオバマケアの補助金停止案は取り下げていた。対メキシコ国境警備の名目で同額の予算が計上されたとはいえ、トランプ氏が開始したがっていた国境の壁建設の費用15億ドルは含まれなかった。

さらに財政難に陥っているプエルトリコ支援のためにメディケイド(低所得者向け医療保険)関連で2億9500万ドルの予算が増え、政権が60億ドル削減を希望していた国立衛生研究所(NIH)予算は逆に20億ドル増額となった。トランプ氏がすべての政府機関で最も予算を減らそうとしていた環境保護局(EPA)も、ほぼ無傷だった。

こうした結果、民主党はほとんどの要求を貫徹できた。ペロシ下院院内総務は、民主党はトランプ氏が提唱していた「不道徳かつ愚かな」国境の壁費用を含まない形に予算案を改善するという「大きな前進」を成し遂げたと胸を張った。

事実上、トランプ氏の得点といえば国防費の150億ドル増額ぐらいだが、これも同氏は250億ドルの増額を望んでいた。

トランプ氏にとっては、週内に下院で採決される見通しの新たなオバマケア改廃法案から来年度予算についての議論まで、なお続々と政治交渉の機会が訪れる。だがこれまでのところ、トランプ氏は自分から提案を引っ込める傾向を示しているし、反撃の糸口が見つかる気配も見えない。就任100日の主な「実績」があるとすれば、早くも自身をレームダック(死に体)状態にしていることだろう。

●背景となるニュース

*米議会の与野党は4月30日、9月末までの連邦政府の支出を賄う約1兆ドルの予算案について合意した。上下両院が今後承認し、5日までに成立すれば政府機関閉鎖が避けられる。

*予算案にはトランプ氏が望んでいたメキシコとの国境の壁建設費用15億ドルは計上されなかった。ただ国境警備強化の名目で同額が手当てされた。

*トランプ政権は、低所得層向けのオバマケアへの補助金差し止めの提案は取り下げた。また政権側が予算削減を打ち出していたNIHは20億ドルが増額され、大幅縮小を提案していたEPAのほとんどのプログラムはそのまま残された。国防費は緊急費用を含めて150億ドル増額されたものの、政権は250億ドルの増額を求めていた。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below