July 26, 2018 / 2:01 AM / 22 days ago

トランプ米大統領、プーチン氏との再会談を来年に先送り

[ワシントン 25日 ロイター] - トランプ米大統領は、ロシアのプーチン大統領との2回目の会談を、ロシアの米大統領選挙介入疑惑を巡る調査が終了した後の来年まで先送りする。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が25日、明らかにした。

 7月25日、トランプ米大統領は、ロシアのプーチン大統領との2回目の会談を、ロシアの米大統領選挙介入疑惑を巡る調査が終了した後の来年まで先送りする。会見する同米大統領。ワシントンで撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)

トランプ大統領は前週、プーチン大統領を今秋にワシントンに招く意向を示していた。ただ、今月16日にフィンランドのヘルシンキで行われた初めての米ロ首脳会談でトランプ大統領が、米大統領選介入疑惑を否定するプーチン氏の見解に同調するような発言をしたことに米与野党から批判が噴出しており、プーチン氏への訪米要請を受けて再び非難の声が上がっていた。

ボルトン補佐官は声明で「トランプ大統領は、プーチン大統領との次回の会談はロシアを巡る『魔女狩り』が終わった後に行うべきだと考えている」とし、次回会談は年明け以降になるとの見方を示した。

米情報機関はロシアによる大統領選への介入があったと結論付けており、モラー特別検察官は、トランプ陣営がロシアと共謀したかどうかについて捜査を進めている。

トランプ大統領はヘルシンキでの共同記者会見での自身の発言について、言い間違えがあったと弁解。その後、突如としてプーチン大統領に訪米を要請する意向を示した。

与党共和党のライアン下院議長とマコネル上院院内総務は24日、プーチン大統領が訪米要請を受け入れても、米議会の演説には招待しないと述べており、米議員らが抱いているロシアへの不信感が浮き彫りとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below