July 18, 2018 / 2:44 AM / 5 months ago

トランプ大統領のロシア対応、米国民の半数以上が不支持=調査

[17日 ロイター] - トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領による会談後、米国の登録有権者を対象に実施したロイター/イプソスの調査で、トランプ大統領のロシア対応を支持しないと回答した人が半数を上回った。

ただ、米ロ首脳会談でのトランプ氏の言動は、支持率自体には影響しなかったもよう。登録有権者の42%がトランプ氏を支持すると回答しており、7月のこれまでの日次平均である40─44%の範囲内となった。

大統領のロシア対応に関しては、55%が不支持、37%が支持と回答。共和党員の支持は71%となった一方で、民主党員の支持は14%にとどまった。

トランプ氏は16日にフィンランドのヘルシンキで行ったプーチン大統領との会談後の共同会見で、ロシアによる2016年米大統領選介入疑惑を巡りロシアへの批判めいた言葉は発せず、米情報機関が介入があったと結論付けたことに確信は持てないとの立場を表明。ただ、17日には、米情報機関に全幅の信頼を置いており、ロシアが米大統領選に介入したとの結論を受け入れていると釈明した。

世論調査によると、登録有権者の59%が、ロシアが米大統領選に干渉したとする米情報機関の分析に同意すると回答。ただ、共和党員で同意したのは32%にとどまり、民主党員の84%を大きく下回った。

ロシアを米国への差し迫った脅威とみなす回答者は全体の27%を占めた。この割合を上回ったのは北朝鮮のみで、31%に上った。

トランプ政権とロシアの不適切な関係について当局が証拠をつかむと予想したのは全体の51%だった。

調査は登録有権者1011人を対象に実施。共和党員が453人、民主党員が399人参加した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below