March 26, 2019 / 11:59 PM / a month ago

米国民の約半数、報告書後もトランプ氏とロシアの共謀疑う=調査

[ニューヨーク 26日 ロイター] - ロシアの米大統領選干渉疑惑に関するモラー特別検察官の捜査報告書の概要発表後に行われたロイター/イプソスの調査では、米国人の半数近くが依然としてトランプ陣営がロシアと共謀したと考えていることが明らかになった。

 3月26日、ロシアの米大統領選干渉疑惑に関するモラー特別検察官の捜査報告書の概要発表後に行われたロイター/イプソスの調査では、米国人の半数近くが依然としてトランプ陣営がロシアと共謀したと考えていることが明らかになった。写真はトランプ大統領。ワシントンで撮影(2019年 ロイター/Leah Millis)

バー米司法長官は24日に22カ月に及んだロシア疑惑捜査の概要を示し、ロシア介入でトランプ陣営の共謀が認定されなかったことを明らかにした。

26日公表の調査によると、概要発表を受けてトランプ氏の支持率は若干上昇した。ただ、トランプ大統領のロシアとのつながりを巡る疑惑については世論にほとんど変化はみられず、米国民のさらなる情報への欲求も収まっていないことが調査で明らかになった。

調査では、「トランプ氏あるいはトランプ陣営の誰かが2016年大統領選に影響を及ぼすためにロシアと協力した」と回答したのは全体の48%となり、前週からは6%ポイント低下。

また、「トランプ政権へのロシアの影響に関する捜査をトランプ氏は阻止しようと試みた」と回答したのは53%で、前週から2ポイント低下した。

回答者が民主党員か共和党員かによって回答傾向に明確な違いがみられた。民主党員はトランプ陣営とロシアとの共謀やトランプ氏による捜査妨害があったと考える傾向を示した。

調査は捜査報告書の概要が公表されたことを受け、25─26日にオンラインで成人1003人を対象に実施。このうち、948人は概要の内容について少なくとも聞いたことはあるとした。

トランプ氏の支持率は43%と、前週の調査から4ポイント増え、今年最高に達した。

バー司法長官が公表した捜査報告書の概要に詳しい回答者では、トランプ氏のロシアとのつながりに関する考え方が変わったとしたのは9%にとどまった。また、57%は報告書の全容を知りたいとした。

回答者の39%はトランプ大統領は「弾劾されるべき」と回答、49%は弾劾されるべきではないと答えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below