August 2, 2019 / 5:20 AM / in 20 days

アングル:ハイテクから農業まで、トランプ関税による影響は

[1日 ロイター] - トランプ米大統領は1日、中国からの輸入品3000億ドル相当に10%の追加関税を課すと発表した。トランプ氏がこれまで中国など貿易相手国との通商合意を変更したことにより、経済に及んだ影響をまとめた。

8月1日、トランプ米大統領は、中国からの輸入品3000億ドル相当に10%の追加関税を課すと発表した。写真は6月、青島の港で撮影(2019年 ロイター)

◎世界経済

関税の発動は国際的なサプライチェーンを混乱させ、世界の金融市場を揺るがし、米製造業者に中国以外での工場投資を促した。

多くの企業は、事業モデルや製造拠点を変更した理由や、貿易戦争による金銭的コストを詳述していないため、正確なコストは計算できない。

フィッチ・レーティングスは、3000億ドルの対中追加関税により世界の総生産(GDP)が0.4%ポイント押し下げられるとの推計を示した。

トランプ氏は、自らが課した関税は中国が支払うと述べているが、実際には米国に輸入される際、米国籍の企業が支払い、しばしば値上げの形で消費者に転嫁される。

◎農業

貿易戦争によって最大級の影響を被っているのは米農家だ。多くの米国産穀物の最大市場である中国は、米農産物に報復関税を課した。

直近の米農務省データによると、2018年7月から19年5月にかけて、米国産大豆の輸出は世界全体で約150億ドルと、前年同期比で27%減少した。対中輸出だけをみると77%減の25億ドルとなっている。

◎ハイテク

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は、米国による禁輸措置により短期的に売上高の伸びが影響を受けるとの見通しを示した。

業界団体の消費者技術協会が6月、米通商代表部(USTR)に宛てた書面によると、関税により米ハイテク産業は毎月13億ドルのコストを被っている。

同協会によると、次世代通信技術5G関連製品は2018年10月だけで1億2200万ドルの関税を課された。前年同月はわずか6万5000ドルだった。

アップル(AAPL.O)は、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の中国での売り上げが減少し続けていることへの懸念から、株価が昨年の高値を下回ったままだ。同社は6月、トランプ氏が追加関税の措置を実行すれば同社の競争力は低下し、米政府への納税が減ると警告していた。

消費者技術協会の代表によると、追加関税により携帯電話の小売価格は平均70ドル、ラップトップ型パソコンは120ドル、ビデオゲーム機は56ドル、それぞれ上昇する見通しだ。

◎自動車、機器

トランプ大統領が導入した鉄鋼・アルミ関税により、米国での車両組み立てコストは数十億ドル増えた。中国製部品への関税もコストを増加させた。

ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)は関税および素材の追加コストが10億ドルに上るとの予想を示した。フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)(FCHA.MI)は、関税により素材コストが急増し、7億5000万ユーロ(8億3250万ドル)に達するとの見通しを示した。

ディア(DE.N)などの農業機器メーカーは鉄鋼・アルミ関税によるコスト上昇を顧客に転嫁し、農家の負担をさらに重くしている。

◎その他のコスト上昇

鉄鋼・アルミ関税は米国の鉄鋼メーカーに恩恵をもたらしたが、金属を処理する製造業者には逆風となった。

アメリカン・アクション・フォーラムによると、鉄鋼とアルミニウムを購入する米企業は昨年、関税により約50億ドルの負担を被った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below