November 18, 2019 / 4:05 PM / 20 days ago

米大統領、弾劾調査巡る議会証言「前向きに検討」 民主党は懐疑的

[ワシントン 18日 ロイター] - トランプ米大統領は18日、ウクライナ疑惑を巡る自身の弾劾調査を巡り、議会で証言する可能性を示した。疑惑に関しては「何も悪いことはしていない」と否定した。トランプ氏が弾劾調査で証言の意向を示したのは初めて。

 11月18日 トランプ米大統領は、ウクライナ疑惑を巡る自身の弾劾調査を巡り、議会で証言する可能性を示した。 ルイジアナ州ボージャーシティで14日撮影(2019年 ロイター/Tom Brenner)

トランプ氏はツイッターに「何も悪いことはしていないし、『適正な手続きを経ないでっちあげ』に加担することも好まないが、(証言を行うとの)考えは気に入った。議会の焦点を元に戻すため、(証言実施を)前向きに検討する!」と投稿した。

ペロシ下院議長(民主党)は前日、米CBSの番組で「大統領は委員会の場で彼が望む真実を話すことはできるし、書面でも可能だ。この問題を明らかにするあらゆる機会がある」と述べていた。

だが、民主党の下院議員らはトランプ氏の表明に懐疑的だ。ドン・ベイヤー議員はツイッターで、大統領は証言すべきとしつつも、「あまり期待はしていない」と述べた。

民主党が主導する下院の弾劾調査では、トランプ氏に対する正式な証言要請は行われていない。2016年大統領選へのロシア介入疑惑の捜査でも、トランプ氏はモラー特別検察官による聴取に一時前向きな姿勢を示したが、結局聴取は書面で行われた。

下院のダグラス・レター法務顧問はワシントンの連邦控訴裁判所で、ロシア疑惑での聴取に対するトランプ氏の書面回答の真実性について議員らが精査していると述べた。ロシア疑惑に絡み、偽証罪などに問われたトランプ氏の側近ロジャー・ストーン被告の裁判で、トランプ陣営の元関係者が証言した内容とトランプ氏の回答に矛盾が見られたため。

議会は先週、ウクライナ疑惑を巡る弾劾調査で公開公聴会を開始。トランプ氏は7月25日のウクライナのゼレンスキー大統領との電話会談で、バイデン前米副大統領親子を捜査するようウクライナに要求したとされる。今週はソンドランド駐欧州連合(EU)大使、駐ウクライナ米大使館員のデービッド・ホームズ氏を含む9人が証言に臨む。

ホームズ氏は21日に下院情報委員会で証言予定。7月26日にソンドランド氏がキエフのレストランからトランプ氏に携帯電話から電話を掛けた状況について質問を受ける見通し。

ホームズ氏が先週15日に非公開で行った証言の準備原稿によると、ソンドランド氏が電話を掛けたテラス席のテーブルには他に2人が同席していて、ホームズ氏と同じく電話の内容を耳にすることができたもよう。

ホームズ氏によると、トランプ氏が「彼は捜査するのか」と尋ねると、ソンドランド氏は「するつもりだ」と答え、ゼレンスキー氏なら「あなたが求めることは何でも」すると付け加えた。

トランプ氏は先週、記者団に対し、ソンドランド氏との電話について何も知らないと述べていた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below