August 2, 2019 / 2:40 AM / 16 days ago

トランプ氏、中国主席はオピオイド規制の約束果たしていないと批判

 8月1日、トランプ米大統領(写真)は、中国の習近平国家主席は米国に大量に流れる合成オピオイド「フェンタニル」を取り締まるとの約束を果たしていないと批判した。写真はワシントンで昨年4月撮影(2019年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 1日 ロイター] - トランプ米大統領は1日、中国の習近平国家主席は米国に大量に流れる合成オピオイド「フェンタニル」を取り締まるとの約束を果たしていないと批判した。

トランプ氏はツイッターへの投稿で「私の友人である習主席はフェンタニルの米国向け販売を阻止すると述べたが、全くそうはなっておらず、多くの米国人がいまだに死んでいる」と述べた。米国では医療用麻薬オピオイドの乱用が社会問題になっている。

トランプ氏はその後、記者団に「フェンタニルが原因で何千人もの命が失われている」と強調した。

在米中国大使館はコメントの求めに応じていない。

フェンタニルはオピオイドの鎮痛薬で、効果はヘロインの50倍とされる。

習主席は昨年12月にアルゼンチンで開いた米中首脳会談で、フェンタニルを取り締まることに合意。

中国政府はその後、5月1日付で規制薬物を指定するリストに1400以上のフェンタニル類の物質を追加したと発表していた。これがフェンタニル類物質の違法な生産やネット販売の禁止につながると見られていた。フェンタニルは主に郵便で米国に送られている。

ホワイトハウスの国家薬物規制政策局は、大統領の発言を受けて、「中国によるフェンタニルの大規模な押収や規制執行は直接確認していない」と説明。

「あまりにも多くの米国人がいまなお、これらの極めて有害な薬物で死亡している。その大半は中国から来ている」と指摘し、中国に約束通り取り締まりを行うよう引き続き求める考えを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below