March 2, 2018 / 7:57 AM / 7 months ago

東証空売り比率が48.8%、過去最高を更新 投資家の先安観を反映

[東京 2日 ロイター] - 東京証券取引所が公表した2日の東証空売り比率は48.8%となった。市場筋によると、2016年6月10日の47.1%を上回り、過去最高となった。株安を見越したポジションを取る投資家が増えたことが、空売り比率の記録更新に寄与したとみられる。

 3月2日、東京証券取引所が公表した2日の東証空売り比率は48.8%となった。写真は東京証券取引所で2015年7月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

16年6月10日はメジャーSQ日だった。SQ日を除くと、今年2月14日の46.6%がこれまでの過去最高だったという。一般的に東証の空売り比率は40%を超えると高水準とされている。

トランプ米大統領が鉄鋼・アルミ品に関税を課す方針を示したことを背景に、米国株市場では主要指数が大幅下落。2日の東京市場では外部環境を嫌気した売りが優勢となり、日経平均.N225は542円の大幅安となった。

東海東京調査センター・マーケットアナリストの仙石誠氏は「日本株は売られ過ぎ。空売り比率が高水準の間は株価が下がる大きな流れがあるが、市場が落ち着きを取り戻せば、空売りの買い戻しによる反発が期待できる」とみている。

長田善行

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below