for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=ATPファイナル、21歳シチパスが初出場で初優勝

男子テニスの年間成績上位8選手で争われる今季最終戦、ATPツアー・ファイナルで21歳の世界ランキング6位ステファノス・シチパスが優勝を飾った(2019年 ロイター/Peter Nicholls)

[ロンドン 17日 ロイター] - 男子テニスの年間成績上位8選手で争われる今季最終戦、ATPツアー・ファイナルは17日、ロンドンでシングルス決勝を行い、21歳の世界ランキング6位ステファノス・シチパス(ギリシャ)が優勝を飾った。

シチパスは、世界5位のドミニク・ティエム(オーストリア)に6─7、6─2、7─6の逆転勝ち。2001年のレイトン・ヒューイット氏(オーストラリア)以来、最年少でツアー最終戦を制した。

年間世界ランク1位の座はラファエル・ナダル(スペイン)で決まり、今季も「ビッグ3」と呼ばれるナダル、世界2位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、世界3位ロジャー・フェデラー(スイス)の3人が上位を占めた。

しかし、準決勝でフェデラーに勝利を収めたシチパスは「四大大会での優勝も目前だと確信している。軽々しく使っていい言葉でないと分かっているが、自分はそれに値すると感じている」とコメント。

1次リーグでジョコビッチとフェデラーを下し、準優勝を果たしたティエムも「きっと来年、私たちはやれると思う。みんな素晴らしいテニスをしている。来年は新たな若い四大大会王者を見ることができるだろう」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up