July 16, 2020 / 7:15 AM / 24 days ago

TSMC、第2四半期は81%増益 過去最高益

[台北 16日 ロイター] - 半導体受託生産世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC) が発表した第2・四半期決算は、純利益が81%増の1208億台湾ドル(41億ドル)と、過去最高を記録した。

高性能半導体の需要が旺盛だった。リフィニティブがまとめた市場予想の平均1118億3000万台湾ドルを大きく上回った。

売上高は34.1%増の103億8000万ドル。同社の予想レンジは101億ー104億ドルだった。

台湾の国家発展委員会のクン明シン主任委員(閣僚)は先月、TSMCによる中国のファーウェイ(華為科技)向けの販売について、米国の輸出制限で失われた分を他の顧客からの受注で補ったと明らかにしていた。

TSMC株は今年10%上昇。株式時価総額は3200億ドルと、米インテルの2490億ドルを上回った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below