for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

台湾TSMC、通期売上高予想を引き上げ 第3四半期は過去最高益

10月15日、半導体受託生産世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は通期の売上高予想を引き上げた。写真はTSMCのロゴ。台南で8月撮影(2020年 ロイター/Ann Wang)

[台北 15日 ロイター] - 半導体受託生産世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)2330.TWTSM.Nは通期の売上高予想を引き上げた。また第3・四半期の純利益が過去最高となった。

新型コロナウイルス禍の中で半導体業界は数少ない「勝ち組」となっている。自宅で過ごす時間が長くなり、また企業がリモートワーク環境を整備する中で、最新のIT機器への投資が拡大しているためだ。

TSMCは2020年の売上高が30%以上増加するとし、これまでの20%超から予想を引き上げた。第4・四半期の売上高は124億─127億ドルと予想した。前年同期は104億ドルだった。

C・C・ウェイ最高経営経営責任者(CEO)はオンラインでの決算説明会で「新型コロナはデジタルトランスフォーメーションを加速させた」と指摘し、スマートフォンなどの電子機器や次世代通信規格「5G」技術向けに高性能半導体の受注が増加したと説明した。

第3・四半期決算は純利益が36%増の1373億台湾ドル(48億ドル)と過去最高となり、リフィニティブがまとめた19人のアナリスト予想の平均(1249億台湾ドル)を大幅に上回った。

売上高も29.2%増の121億ドルと自社予想を大きく上回った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up