May 12, 2014 / 9:13 AM / 6 years ago

ウクライナ東部の住民投票、法的有効性ない=大統領代行

 5月12日、ウクライナのトゥルチノフ大統領代行は、東部の親ロシア派勢力が行った自治権拡大の是非を問う住民投票について、法的有効性はないとの声明を発表した。4月撮影。提供写真(2014年 ロイター/Mykhailo Markiv/Ukrainian Presidential Press Service/Handout via Reuters)

[キエフ 12日 ロイター] - ウクライナのトゥルチノフ大統領代行は、東部の親ロシア派勢力が行った自治権拡大の是非を問う住民投票について、法的有効性はないとの声明を発表した。

大統領代行は「これらのプロセスはロシア指導部によって促されたもので、ドネツクとルガンスク地域の経済に破壊的な影響を与え、市民の生活と幸福を脅かしており、ウクライナを不安定化させる狙いがある」と非難した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below