for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イスタンブール自爆攻撃10人死亡、首相は「イスラム国」犯行主張

 1月12日、トルコの最大都市イスタンブールの中心部にある観光地区で、大規模な爆発が発生、少なくとも10人が死亡、15人が負傷した。写真は現場で規制線を張る警官。(2016年 ロイター/Osman Orsal)

[イスタンブール 12日 ロイター] - トルコの最大都市、イスタンブールの中心部にある観光地区で12日、自爆攻撃があり、少なくとも10人が死亡した。

現時点で犯行声明は出ていないが、ダウトオール首相は、過激派組織「イスラム国」の犯行と主張した。

クトゥルムシュ副首相は、自爆攻撃を行った者は最近、シリアから入国したとの見方を示した。ただ、要注意人物リストには含まれていなかったという。

首相は、死亡者は全て外国人と説明した。幹部当局者によると、9人がドイツ人。ペルー外務省は、同国人1人も死亡したとしている。

ダウトオール首相は、ドイツのメルケル首相に電話で弔意を伝えたことを明らかにした。その上で、イスラム国との戦いを有志連合と続けるほか、自爆攻撃の関係者を捕らえて処罰すると誓った。

爆発があったのは旧市街のスルタンアフメット広場。現場では救急車が負傷者らを搬送したり、警察が規制線を張る様子が見られた。

現場近くでは1年余り前にも女が自爆攻撃を行い、警察官1人が死亡している。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up